スポンサーリンク
ミステリー

【12冊目】縁結び神社を舞台にしたほろ苦い恋愛×青春×ミステリー「境内ではお静かに~縁結び神社の事件帖~」(天祢涼)

あらすじ 大学を中退した坂本壮馬は、横浜にある縁結びのパワースポットとして人気の源神社で働くことに。教育係は、参拝者以外に笑顔を見せない、凛とした16歳の巫女・久遠雫。二人は神社で起こる事件や揉め事の解決に駆り出されるうち距離を縮...
レビュー

【11冊目】今年2月から映画上映☆新しい記憶をとどめて置けなくなった女性とそれを支える男性の切なく、温かいストーリー「静かな雨」(宮下奈都)

「羊と鋼の森」で本屋大賞を受賞した人気作家・宮下奈都さんのデビュー作。 今年2月7日からは映画として全国で上映される切なく、温かいストーリーです。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAff...
レビュー

【10冊目】金沢の街を舞台に繰り広げられるご飯と恋愛と青春の心温まるストーリー「君が今夜もごはんを食べますように」(山本瑤)

あらすじ 家具職人をめざし、修行を積んでいた倉木相馬。良い家具を作るには人間について理解していなくてはならないと考える師匠に、家具職人以外の仕事を経験するよう言われ、女友達の営む茶房で働くことに。もともと料理が得意だった相馬は、茶...
スポンサーリンク
レビュー

【9冊目】もし次にすることの確率が分かるとしたらあなたは何を調べますか?「妻を殺してもバレない確率」(桜川ヒロ)

あらすじ 未来に起こることの確率が調べられるとしたら、あなたは何の確率を調べますか?時代遅れの政略結婚で、好きでもない女性と夫婦になってしまった男性。彼女との暮らしに苦痛を感じていた彼は、あるときから『妻を殺してもバレない確率』を調...
まとめ記事

読書好きフォトグラファーがおススメする金沢のオシャレで落ち着けるブックカフェ7つ

金沢と言えば意外と知られていないのですが、カフェが多い街だったりします。 大学などが多くて、学生さんをはじめ休憩や勉強で利用する人が多いからなのかもしれません。文豪を多く輩出していることもあり、読書におススメなカフェもちらほ...
2019.12.27
おもしろ

【8冊目】映画「サムライマラソン」原作☆日本のマラソンの発祥と言われる物語を痛快に描いた「幕末まらそん侍」(土橋章宏)

「サムライマラソン」として映画化された物語の原作。 日本におけるマラソンの始まりとされる幕末の「安政遠足」(「えんそく」ではなく、「とおあし」と読みます)を題材にしたコメディーかつ少し感動するお話です。 あらすじ 作品...
2019.12.26
ミステリー

【7冊目】あなたが誰かの大切な思い出を消さないといけないとしたら?「dele」(本多孝好)

ドラマを見ていなくて小説で初めて作品を見ました。 「依頼者の死後にデジタルデバイスから指定された情報を消去する」という設定が、一般的によくある「故人ことを忘れない」というのとは逆ベクトルであるのが興味を引いて読んでみようと思いました。 ...
2019.12.25
レビュー

【6冊目】オシャレ日常系ミステリー「シンデレラティース」(坂木司)

あらすじ 大学二年の夏、サキは母親の計略に引っかかり、大っ嫌いな歯医者で受付のアルバイトをすることになってしまう。個性豊かで、患者に対し優しく接するクリニックのスタッフに次第にとけ込んでいくサキだったが、クリニックに持ち込まれるの...
2019.12.25
おススメのもの

【読書や勉強にかなり便利!】スタイリッシュな付箋「ココフセン」がカッコよくて使いやすい。

読書や勉強の時にあったら便利なアイテムってなんでしょうか? 僕は欠かせないのが付箋(ふせん)です。 後から読み返したいところや大切そうな箇所に印を付けたいことがよくあります。その一方で目立ちすぎる付箋は、たくさん貼っていくと後...
2019.12.24
まとめ記事

2019年にタイトル買いして面白かった小説7冊

先日、いつも使っている「読書メーター」の方を見ていたら、「日本タイトルだけ大賞」という面白そうな企画をやっていました。 今年ですでに12回を数えるそうですが、タイトル買いすることが多い自分が知らなかったのは申し訳ない・・・ ...
2019.12.24
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました